神戸市垂水区の「東垂水保育園」
園日記

さくら組

氷発見!

園庭へ出ると子どもたちが草の前に群がっています。

「ねえ 見て!こんな所に氷があるよ!」と言うので見てみると、草にキラキラ輝くものが!

水滴が固まったような小さい氷の粒がたくさんありました。

「どうしてこんな所に氷があるのかな?」「お水がないと氷ができないよ」「最近寒かったけど関係あるのかな?」「雨降ったからかな?」と氷ができた原因を考えいろんな意見を出し合っていました。

もうすぐ節分

スーパーなどの節分コーナーで鬼を見たのでしょうか?

鬼の話しを始めた子どもたち。

「鬼さん来るで~」「こ~へんわ~」と言い合っています。

そこで、節分の由来について話し、「おなかのなかにおにがいる」という絵本を見て、

子どもたちも鬼のお面を作ることになりました。

怖そうだったり、優しそうだったり、かわいらしかったり様々な鬼ができました。

次は鬼がこないよう、やいかがしを作りたいと話しています。

クリスマス飾り

園庭の植物や毛糸を使って、様々なクリスマス飾りを作ってみました。

みんな、自分達の好きな葉っぱや木の実を探して採り、それを使ってリースや松ぼっくりツリー、

毛糸を使ってボンボリなどを作りました。

作ることも楽しくなってきたようです。

葉っぱで作ったよ!

絵本「おちばいちば」を見て「葉っぱで魚作れるんちゃう?」と言い、園庭へ出るといろんな種類の葉っぱを探して集めています。

絵本を見ながら、集めた葉っぱや小さな実を組み合わせて魚にしようとしています。

葉っぱをちぎってしっぽにしたり、小さな実を目に見立てたりしてかわいい魚がたくさんできました。

公園に行ったよ

暑さもやわらぎ、心地よい季節になりました。少しずつ落ち葉も増えてきて秋の訪れを感じます。

そこで、みんなでお散歩に行くことにしました。

車に注意しながら公園に到着!

公園の木に登ろうとしたり、ぶら下がったり、いろんな種類の葉っぱを探したり、落ち葉を集めて上に放り投げて落ち葉の雨を楽しんだり、自然と触れ合ってたくさんあそびました。

月見だんご

9月に入って、おつきさまの絵本をたくさん読み聞かせしていました。

すると、食べることが大好きな子どもたちは、月見だんごをよく覚えていて家でも食べた子が「お外に出たら、月見たんごつくる~」と言って泥を使ってだんごを作りました。

泥の感触を楽しみながら「丸くならない~」と丸めるのに苦戦しつつも、保育者の丸める手つきを真似るうちに、上手に丸められていました。

それらしいお盆にのせて、最後は「あの長い草飾ろう!」と言って、ススキに見立てて園庭の草を取りだんごにさして飾りました。

ごっこ遊び

 

コンビカーに乗って砂場でままごとをしている友達の所へ行き、「パンとジュースくださーい」と注文。

砂場のフチを区切りにしてドライブスルーをしているようです。

 

 

 

すると「パンはありません」と言われ、出てきたのはアイスクリーム!!

でも「ありがと~」と言って受け取り満足そうに去って行きました。

 

 

 

それを見ていた友達もやってきて後ろに待機し、ドライブスルーごっこを楽しんでいました。

 

日常の生活の中で経験したことを遊びに再現して遊んでいます。

セミをつかまえたい!

 

保育園にセミの鳴き声が響き渡るようになりました。

子ども達は『待ってました!』とばかりに勢いよく園庭へ飛び出し、セミ探しです。

「こんなとこにおった!!」「あそこの木の上、届かへん~」と言いながら、どうやってつかまえようか思案しています。

 

 

 

近くにいる時は、ひょいと手をのばして、素早くつかまえることも!

 

 

 

つかまえたら、体の色や模様を観察して図鑑のセミと見比べ、どのセミか調べています。

たくさんつかまえて、いろんなセミを見つけたくて、毎日ワクワクです!

ダンゴムシ探し

 

園庭でだんご虫を見つけてから、だんご虫探しに夢中です。

だんご虫がいた場所から、どういう所にだんご虫がいるのかわかるようになり

プランターの下、草や落ち葉の下、すみっこなどを探しています。

 

 

 

 

子ども達はだんご虫がよくいる場所を見つけたことで、自然と鉢や草などの下で湿っぽい場所にいることを学んでいました。

指先でつつくと丸まり、しばらくするとまた体を伸ばして動き出す生態も面白くて興味津々です。

 

 

 

 

さくら組 青虫発見!

 

園庭のハーブに青虫発見!

 

 

早速 ミニ図鑑を持って来て保育者と一緒に調べ、同じ色の青虫を見つけて見比べています。図鑑には飼い方も載っていたので、さくらぐみで飼うことになりました。

 

「わたしのちいさないきものえん」という絵本にもお世話の仕方が書いてあり、それを見ながら保育者と一緒に必要なものを用意していきます。エサのキャベツは給食の先生にもらいにいき、容器にティッシュを敷いてさなぎになる時の為の小枝も入れました。

日々、お世話をしながら、なぎになるのを楽しみに待っています。

 

1 2 3 »

カレンダー

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の投稿

PAGETOP
Copyright © 東垂水保育園 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.