神戸市垂水区の「東垂水保育園」

0歳児クラス(もも組)

  • HOME »
  • 0歳児クラス(もも組)


乳児の基本的な生活(食事、睡眠、排泄、など)は、生命の維持と心身の成長過程に欠かせないことであり、それらの生理的欲求(食べること、眠ることなど)が満たされることで、健康で快く過ごすことができます。そのために、保護者の方と協力しながら規則正しい生活リズムを作っていきます。

生活について
育児担当制

集団の中でひとりひとりの違いを認め、特定の大人とかかわる(食事・排泄・着脱など)中で、子どもは愛着行動を示し、安心して育児をゆだねます。
愛情を込めて、丁寧に世話をすることによって、子どもの信頼を深め情緒が安定し、豊かな人格が形成されます。

食事

ひとりひとりの発達機能を考えながら、食事をすすめていきます。初めは大人の膝からのひとり食べから、歩行も自立し、上半身が安定して座っていられるようになった頃に椅子に降ろします。
食事形態は、子どもの歯の生え状況や咀嚼力などに合わせ大きさや固さを調整しています。また、自食を急がせないで、口の中の動きをよく見て、それに合った形態や量を個別に対応しています。

着脱

着脱時に大人がする行為について、その行為の前「ボタンはずすよ」と言葉を添えていくことで、「今、自分が何をしているのか」「何をされようとしているのか」が理解できるようになります。いつも決まった場所・決まった方法で行うことは、やがて子どもが自分でできるようになったときに、見通しをもって行動できるようになります。

排泄

おむつ交換の場面は、大人と子どもが1対1でかかわることができ、親密な関係をつくる場として、大切にしています。子どもと目を合わせ、ゆっくりとした雰囲気の中で接する育児の場でもあります。

睡眠

個々にベッドやマットを用意しています。眠りの空間は、眠っている子が遊んでいる子に邪魔されることがないように、一人ひとりの眠る場所を決めています。原則として一年間眠る場所は変わりません。

体を使った遊び

0歳児は這う・つかまり立つ・歩き始めるなどの身体的機能の発達もかなり幅が広いので、一人ひとりの発達を保障できる心地よい空間と場所・遊具を工夫しています。

つかまり立ち、つたい歩き

つかまり立ち、つたい歩きを繰り返すうちに、足の筋力、バランス感覚が発達します。壁面遊具は立ったまま集中して遊ぶことで楽しいつかまり立ちにつながります。

箱を押し歩く

押す、引く、方向転換(空間知覚)重心移動により、両手両足が交互に前に出る歩行の練習になります。

またがる

体のバランスをとり、足を開いてまたぐ。膝の屈伸や片側に重心をかけたりして足を体で支えることを助けます。

 
手先や指先を使った遊び

手の運動を中心とした活動で、肩から腕、手、指を動かし器用さを発達させていきます。

入れたり出したりする遊び

さまざまな道具に触れる中で、その感触を味わったり、大きさや量、色や形を知ったり、互いの関係を学んだりしながら、何よりその性質に合った手先の器用さを身につけようとします。

5本の指の使い方がどんどん巧みになり、同時に腕や肩も協調させて動かして遊びます。

指先の細かい発達と、仕組みの理解力、集中力、記憶力、思考力を育てます。

PAGETOP
Copyright © 東垂水保育園 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.